現在時刻 - 2017年10月24日(火) 16:55


日本機種をCyanogenMod公式サポート端末化する流れ

XXXの使い方など、端末に限らない話題はこちらへどうぞ。
  • 作成者
  • メッセージ

blackzigong

  • 記事: 21
  • 登録日時: 2013年6月14日(金) 07:51

日本機種をCyanogenMod公式サポート端末化する流れ

投稿記事2014年8月22日(金) 20:47

※移植の方法ではなく、既にCyanogenModが移植されている日本機種をCyanogenMod公式サポート端末化する流れについてです。

CyanogenModをビルドできる環境とGerrit Code Reviewへのコード提出方法を理解していることが前提です。
Gerrit Code Reviewへのコード提出方法はこちらで詳しく解説しているので必ず読んでください:
http://android.slateblue.tk/viewtopic.php?f=19&t=173

まず、提出するコミットは何個も小分けにするよりもツリーごとに一つのコミットにまとめると良いです。
コミットの名前も「Add a new device: docomo LG G2」のようにわかりやすい名前が好ましいです。
ReviewerにはBrint E. Kriebel、Ricardo Cerqueira、Abhisek Devkota、Ethan Chenを追加してください。

基本的にはGerritに必要なコードを提出するだけですが、proprietaryなバイナリ(例: proprietary_vendor_lge)と、デバイス固有のツリー(例: android_device_lge_l01f)はGerritを使いません。
proprietaryなバイナリは、GitHubのpull request機能を使ってpull requestを送るだけでOKです。
デバイス固有のツリーは、GitHubでそのツリーを公開してfolkできる状態にしておいてください。

ここまで完了したら、CyanogenModでナイトリービルドを開始させるにhudsonにコードを提出します。
こんな感じにcm-build-targetsに一行追加してください:
https://github.com/CyanogenMod/hudson/c ... 15516d20c3

そしてここからがかなり重要です。
hudsonのコミットメッセージまたはGerritのコメント欄に、デバイス固有のツリーマージすべきコミットのURLを必ず記載してください。(proprietary_vendor_xxxxxのURLも忘れずに。)
こんな感じです:
http://review.cyanogenmod.org/#/c/63935/

ここまでの工程はすべて同じ日のうちに行ってもらって大丈夫です。むしろ同じ日のうちにやるのが好ましいです。
うまくいけばナイトリーの配信が開始されます。

173210

  • 記事: 45
  • 登録日時: 2013年5月27日(月) 19:19
  • お住まい: 茨城

Re: 日本機種をCyanogenMod公式サポート端末化する流れ

投稿記事2014年8月22日(金) 21:21

このスレの趣旨は片っ端からGerritしろということでおkですか?

ゲスト

Re: 日本機種をCyanogenMod公式サポート端末化する流れ

投稿記事2014年8月22日(金) 21:32

173210 さんが書きました:このスレの趣旨は片っ端からGerritしろということでおkですか?

そういう事です。
既存のツリー→gerrit
プロプラ→プルリク
新規のツリー→folk依頼

CyanogenMod/hudsonに一行追加してgerrit、そこのコメントにfolk依頼などを書いて終わりっ、です。
gerritの使い方さえ知っていればこのスレを読む必要はあまりないですw

Return to 技術系雑談など