現在時刻 - 2017年6月23日(金) 07:06


【質問トピ】 質問はこちらへ

カーネルやカスタムROMに関する話題・質問はこちらへ

モデレータ: HTCモデレータ

  • 作成者
  • メッセージ

ゲスト

Re: 【質問トピ】 質問はこちらへ

投稿記事2014年2月16日(日) 01:03

複数のPCで、vmwareとvirtualbox、ubunto12.04とubunto13.10でやってみましたが、結果は同じく、下記エラー。
gcc: error trying to exec 'cc1': execvp: No such file or directory

ここまでの手順。
1.vmware player (6.0.1 build-1379776) インストール
2.ubuntu 12.04lts 64bit (ubuntu-12.04.4-desktop-amd64.iso) インストール
 参考サイト http://nexus7fan.blogspot.jp/2012/08/vmware-player-50ubuntu-1204-lts.html
3.vmware tools のインストール・再起動
4.vim と nautilas-open-terminal のインストール・再起動
5.ホームに"mydroid"フォルダを作成(~/mydroid)
6.HTCDevから HTC J ONE のカーネルソースを"mydroid" に展開して保存
7.java のインストール・再起動
 参考サイト1 http://gadget.takoweb.com/build-jb-for-galaxynexus/
 参考サイト2 http://qiita.com/TNaruto/items/9d5a3bbec1f17e67d1b6
 参考サイト3 http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/4195301.html
8.パッケージのインストール・再起動
 参考サイトは手順7と同じ。
 インストール方法は、「サイトに記載の通り "/"で数行に分けて」、「1行にして」、「1パッケージずつ」の3通りを行う
 libgl1-mesa-glx:i386 のインストールで
   以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
   libgl1-mesa-glx:i386 : 依存: libglapi-mesa:i386 (= 8.0.4-0ubuntu0.7)
   推奨: libgl1-mesa-dri:i386 (>= 7.2)
 となるので、
8.1 sudo apt-get install libgl1-mesa-dri:i386
 8.2 sudo apt-get install libglapi-mesa:i386 libgl1-mesa-glx:i386
 の2通りの方法を行う
9.カーネルソース添付のreadme.txtに記載の通り、
 git clone https://android.googlesource.com/platform/prebuilt
 git clone https://android.googlesource.com/platfo ... m-eabi-4.6
 を、"mydroid"フォルダで実行
10.環境変数の設定
 vim ~/.bashrc
 最後に、下記を追記 (java のpathは手順7の各参考サイトにより保存先フォルダが異なるので記載しません)
 export PATH=~/mydroid/arm-eabi-4.6/arm-eabi/bin:$PATH #もう一つのversionも試しました
 export ARCH=arm
 export SUBARCH=arm
 export CROSS_COMPILE=arm-eabi-
 保存した後、source ~/.bashrc (or 再起動)
 echo $PATHで確認
12.カーネルビルド
 12.1 フォルダ構成の確認
  ~/mydroid/prebuilt
  ~/mydroid/arm-eabi-4.6
  ~/mydroid/m7wlj-jb-3.4.10-54237c3 
 12.2 echo $PATHで pathの確認 
 12.3 "m7wlj-jb-3.4.10-54237c3"フォルダで make m7wlj_defconfig
13.エラー
 gcc: error trying to exec 'cc1': execvp: No such file or directory
14.ウィンドウを全て閉じ、再起動
15.vmware player では再起動せず(ubuntuロゴでフリーズ)。 virtualbox では再起動できた。
  ただし、vmware でも以前インストールしていたものは起動する(make→エラーの後も)
  インストールメディアはubuntu-12.04.3-desktop-amd64.iso
  しかし、vmwareでubuntu-12.04.3-desktop-amd64.isoをもう1台作成して確認はしていない

ubuntuが起動できなくなる問題はおいといたとして、
とりあえず、gcc のエラーは解決できないでしょうか?
ググって出てきたサイトを参考にやってみるのですが(パッケージの再インストール)、
結果は同じで、ubuntuの環境はどんどん悪くなっていくようで・・・

 

ゲスト

Re: 【質問トピ】 質問はこちらへ

投稿記事2014年2月19日(水) 13:11

ゲスト さんが書きました:複数のPCで、vmwareとvirtualbox、ubunto12.04とubunto13.10でやってみましたが、結果は同じく、下記エラー。
gcc: error trying to exec 'cc1': execvp: No such file or directory

ここまでの手順。
1.vmware player (6.0.1 build-1379776) インストール
2.ubuntu 12.04lts 64bit (ubuntu-12.04.4-desktop-amd64.iso) インストール
 参考サイト http://nexus7fan.blogspot.jp/2012/08/vmware-player-50ubuntu-1204-lts.html
3.vmware tools のインストール・再起動
4.vim と nautilas-open-terminal のインストール・再起動
5.ホームに"mydroid"フォルダを作成(~/mydroid)
6.HTCDevから HTC J ONE のカーネルソースを"mydroid" に展開して保存
7.java のインストール・再起動
 参考サイト1 http://gadget.takoweb.com/build-jb-for-galaxynexus/
 参考サイト2 http://qiita.com/TNaruto/items/9d5a3bbec1f17e67d1b6
 参考サイト3 http://blog.sola-dolphin-1.net/archives/4195301.html
8.パッケージのインストール・再起動
 参考サイトは手順7と同じ。
 インストール方法は、「サイトに記載の通り "/"で数行に分けて」、「1行にして」、「1パッケージずつ」の3通りを行う
 libgl1-mesa-glx:i386 のインストールで
   以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
   libgl1-mesa-glx:i386 : 依存: libglapi-mesa:i386 (= 8.0.4-0ubuntu0.7)
   推奨: libgl1-mesa-dri:i386 (>= 7.2)
 となるので、
8.1 sudo apt-get install libgl1-mesa-dri:i386
 8.2 sudo apt-get install libglapi-mesa:i386 libgl1-mesa-glx:i386
 の2通りの方法を行う
9.カーネルソース添付のreadme.txtに記載の通り、
 git clone https://android.googlesource.com/platform/prebuilt
 git clone https://android.googlesource.com/platfo ... m-eabi-4.6
 を、"mydroid"フォルダで実行
10.環境変数の設定
 vim ~/.bashrc
 最後に、下記を追記 (java のpathは手順7の各参考サイトにより保存先フォルダが異なるので記載しません)
 export PATH=~/mydroid/arm-eabi-4.6/arm-eabi/bin:$PATH #もう一つのversionも試しました
 export ARCH=arm
 export SUBARCH=arm
 export CROSS_COMPILE=arm-eabi-
 保存した後、source ~/.bashrc (or 再起動)
 echo $PATHで確認
12.カーネルビルド
 12.1 フォルダ構成の確認
  ~/mydroid/prebuilt
  ~/mydroid/arm-eabi-4.6
  ~/mydroid/m7wlj-jb-3.4.10-54237c3 
 12.2 echo $PATHで pathの確認 
 12.3 "m7wlj-jb-3.4.10-54237c3"フォルダで make m7wlj_defconfig
13.エラー
 gcc: error trying to exec 'cc1': execvp: No such file or directory
14.ウィンドウを全て閉じ、再起動
15.vmware player では再起動せず(ubuntuロゴでフリーズ)。 virtualbox では再起動できた。
  ただし、vmware でも以前インストールしていたものは起動する(make→エラーの後も)
  インストールメディアはubuntu-12.04.3-desktop-amd64.iso
  しかし、vmwareでubuntu-12.04.3-desktop-amd64.isoをもう1台作成して確認はしていない

ubuntuが起動できなくなる問題はおいといたとして、
とりあえず、gcc のエラーは解決できないでしょうか?
ググって出てきたサイトを参考にやってみるのですが(パッケージの再インストール)、
結果は同じで、ubuntuの環境はどんどん悪くなっていくようで・・・

 

ゲスト

Re: 【質問トピ】 質問はこちらへ

投稿記事2014年2月19日(水) 13:15

お陰様でzImage出来ました!

export PATH=~/mydroid/arm-eabi-4.6/arm-eabi/bin:$PATH
ではなく、
export PATH=~/mydroid/arm-eabi-4.6/bin:$PATH
でしたね。

やっと解決できました。

wpandroidios

  • 記事: 5
  • 登録日時: 2015年8月29日(土) 22:48

Re: 【質問トピ】 質問はこちらへ

投稿記事2015年11月12日(木) 23:39

HTV31のTWRPをビルドしたいのですが、うまく動作するものがビルドできません。
手順とビルドログを載せますので、どなたかアドバイスを戴けないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

HTV31 TWRP build手順

【素材】
1.OmniROM android-5.1 (~/omni/) → repo init -u https://github.com/omnirom/android.git -b android-5.1
2.device(~/omni/device/htc/b3) → https://github.com/boa19861105/android_device_htc_b3tuhl
3.kernel(~/omni/kernel/htc/msm8994) → https://github.com/boa19861105/android_kernel_htc_b3uhl-JP
4.vendor(~/omni/vendor/htc) → https://github.com/scoty755/android_vendor_htc

素材をgit clone(repo sync)した後の変更点
/vendor/htc/b3-common を/vendor/htc/b3 に変更 

【ビルドコマンド】
( ~/bin/android-env.sh ※for JAVA path )
コード: 全て選択
. build/envsetup.sh

コード: 全て選択
lunch omni_b3-userdebug

コード: 全て選択
make recoveryimage 2>&1 | tee log.log


【動作状況】
adb,MTPは使える
画面はhtc ロゴが表示されたままで、TWRPのメイン画面が表示されない。
TWRP起動後しばらくすると画面消灯。
タップすると画面点灯(htc ロゴが表示される)

【ビルドログ】
https://drive.google.com/file/d/0B2DeJ5K6ZenEbFBXX19RZlR3QUE/view?usp=sharing

wpandroidios

  • 記事: 5
  • 登録日時: 2015年8月29日(土) 22:48

Re: 【質問トピ】 質問はこちらへ

投稿記事2015年11月18日(水) 11:55

自己解決しました。

omniromの取得が失敗してたか、omniromが更新されたかでビルドできました。

yamahide7226

  • 記事: 1
  • 登録日時: 2016年10月10日(月) 03:33

【HTL22】cm 10.1がうまく焼けません!

投稿記事2016年10月10日(月) 04:11

[質問内容]
タイトル:convert toolの使い方
内容 :simロック解除に成功し、電波の掴みは不安定ながらもDOCOMOのsimが使えたこと、androidのバージョンが高いものが使えることなど楽しんでおりました。
欲が出て、色々なカスタムROMを入れていたら、ある時から全く電波を掴まなくなりました。
ネットを色々調べ、cm10.1を焼いて設定を変える方法にチャレンジしようと思いましたがインストール途中でエラーが出てしまいます。変換ツールを活用させて頂き、これまたやって見ましたがダメです。
そもそも変換のやり方が良くないのかも。
そこで素人的質問ですいませんが、変換されたファイルは上書きされるという理解で宜しいでしょうか?
それとも上手く変換出来ていないのでしょうか?
十分状況が説明できていないところですが、変換時の状況を教えてください。

よろしくお願いします。

機種: HTC J One
カーネルバージョン:
ROMバージョン:
ベースバンドバージョン:
-----------------------------------------------------------------------

#テンプレはSamsungスレから拝借致しました :)[/quote]
1つ前へ

Return to 開発全般